画像で説明!Macで同一のアプリを複数起動する方法とは?

未分類
スポンサーリンク

Macで同じアプリを複数、起動したい!と思うことはありませんか?

デフォルトでそうなっているアプリもありますが、多くのアプリは複数の起動をできないようになっています。

たとえば同一の画像ビューアアプリなどを複数起動できれば、イラストや写真の比較などがはかどりますよね。

これを可能にする方法があります。

1つは、コマンドラインを用いるもの。

もう1つは、Automaterを使うものです。

ここでは、難しい知識や操作を必要としないAutomaterを使った方法を紹介します!

例として、AplloOneという画像ビューア用アプリを複数起動できるようにするプロセスを解説しますね。

まず、Automaterを起動

Automaterはアプリケーションフォルダの中にあります。
これをクリックして起動します。
Automater起動

 

するとこうなりますので、右下の「新規書類」をクリック。
新規書類を作成

するとこのような画面になります。「アプリケーション」を選択してクリックします(Automaterのアイコンになっています)。

シェルスクリプトを実行する

表示されたウインドウの検索ボックスに

シェルスクリプト

と入力してEnter。

すると「シェルスクリプトを実行」という項目がすぐ下に出ますので、クリックします。

シェルスクリプトに命令を入力する

するとテキストボックスが現れます。

このテキストボックスに

open -n /Applications/【アプリの名称】.app

と入力します。今回の例では「ApolloOne.app」とすれば良いわけです。

作成した命令内容を保存する

入力したら、メニューバー左側の「ファイル」から「保存」をクリックします。

保存先はどこでも良いのですが、今回はデスクトップにします。

保存する名前も何でも良いですが、分かりやすいものにしましょう。
今回は「ApolloOne複数起動」とでもしておきます。

下部の「ファイルの種類」は自動的に「アプリケーション」となりますので、そのままにしておきます。
こうすることで、保存されるファイルの拡張子が「app」になります。

この状態で「保存」から、デスクトップに保存します。
拡張子はappなので、アプリの1種として保存されるわけです。

実際に開いてみる

デスクトップに、保存したものが無事見付かりました。アイコンはAutomaterですが、名前は「ApolloOne複数起動」となっています。

これをクリックしてみて下さい。
すると、ApolloOneが開きます。

さて、もう一度この「ApolloOne複数起動」をクリックしてみてください。すると、一見何も変わらないように見えますが…

これはApolloOneが2つ起動して、ぴったり重なった状態なのです。

ApolloOneを選択してズラしてみると、後ろにもう1つのApolloOneが!

無事、2つ同時に開くことができましたね!

Dockにでも入れておく

このようして作成した「AplloOne複数起動」は、すぐアクセスできるようにDockにでも追加しておきましょう。

Dockまでドラッグし、気持ち長めにDock上に保持してからそこでドロップすることでDockに追加できます。

 


これが、Macで同一アプリを複数起動する方法です。
ほとんどのアプリに応用することが出来ます。

慣れれば1分もあればできるので、覚えておくと便利ですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました