楽天ブラックカードをメインにしている理由

楽天ブラックカード クレジットカード

楽天ブラックカード

無職の妻(笑)楽天ブラックカードを取得(初年度年会費無料)したことは別の記事で書きました。

色々と考えた末、現在は初年度年会費無料の特典が終了した後も解約せず、楽天ブラックカードをメインに使っています。

今回は、その理由を解説しようと思います。

年会費を払ってでも楽天ブラックカードをメインで使っている理由

初年度年会費無料のインビテーションが来れば、そりゃ一度は取得しますよね。

1年過ぎて、継続するか否かの決断を迫られる時がきました。

迷いますよね…なにせ年会費32,400円ですからね。
決して安くない額です。無駄に垂れ流せる金額ではありません。

悩みましたが、最終的には解約せずに継続する方針としました。

理由としては…

旅行保険が充実している

海外旅行保険

まず海外旅行保険自動付帯、しかも家族特約付き!

 

損保項目保険金額(本人)保険金額(家族)
傷害死亡・後遺障害1億円1000万円
傷害治療・疾病治療300万円100万円
賠償責任1億円5000万円
携行品損害50万円20万円
救援者費用300万円100万円

 

 

 

死亡保険金・後遺障害保険金が1億円というのは、もしもの時を考えるとかなりの安心材料となります。ゴールドカードを冠するカードの多くや、プラチナの名前が入ってるカードでさえも5,000万円、あるいは利用付帯と併せて1億円というケースが多い中、これは立派ですね

まぁ、死にたくはないし高度後遺障害をこうむりたくもないですが、カードを単に持っているだけでこの保険が付いてくるので、万一の時にはこれがある、と思うことができます。

なお傷害治療保険金は300万円と「まあまあ」というレベルです。

これは他のカードの保険も併せて利用するようにしておく方が安心ではあります。

家族特約が付いているのも素晴らしいですね!
自分がカードを持っているだけで、配偶者と生計を共にする親族をも保険でカバーしてくれます。

特に15歳未満の子供は家族カードを作れませんから、子供をカード付帯保険で守りたい場合は家族特約付きのカードを使う以外ないのです

ただし金額としてはこれまた「まあまあ」というレベルですから、これも他のカードの併用を考えておいても良いでしょう。

国内旅行保険

国内旅行保険は、険内容も他と遜色ない内容であることもさることながら、なんと自動付帯かつ家族特約ありです。

 

 

損保項目保険金額(本人)保険金額(家族)
傷害死亡・後遺障害5,000万円1,000万円
傷害入院保険金5,000円/日5,000円/日
傷害通院保険金3,000円/日3,000円/日

 

 

 

国内旅行保険が自動付帯&家族特約ありというクレジットカードは他に数える程しかありません

しかしまぁ、そもそも国内旅行保険ってカードによらず条件がけっこう厳しいのでそうそう使う機会は無いですし、これを優先順位にするのは間違っています。

カード付帯の国内旅行保険の条件のひどさはこの記事を御覧ください。

クレジットカード付帯の旅行保険は役に立つか?実は適用条件が非常に厳しく、あまりアテにできません。詳しく解説します。
クレジットカード付帯の旅行保険は適用条件が非常に厳しく、あまり、というかほとんどアテにできるものではありません。幾つかのプラチナカードの適用条件を見て具体的に解説します。

ちなみに楽天ブラックカードでも国内旅行保険の条件はこんな感じです。

国内を旅行中(※2)における公共交通乗用具(※3)にご搭乗中の事故、宿泊施設での宿泊中の火災・爆発による事故、宿泊を伴う(ツアーバス等での車中泊は除きます)募集型企画旅行(パッケージツアー)に参加中の事故によって傷害を被られた場合に補償されます。

(※2)「旅行中」とは宿泊旅行の目的で、自宅を出発される前にホテル・旅館などの宿泊施設への予約を行った場合をいいます。ただし、日帰り旅行や宿泊施設に事前予約をされない場合でも、公共交通乗用具のチケットを楽天ブラックカードでご購入の場合、ご搭乗中の事故については補償の対象になります。

~中略~

(※3)「公共交通乗用具」とは時刻表に基づいて運行されている交通乗用具のことをいいます。

https://www.rakuten-card.co.jp/card/black_card/protection/

宿泊施設の火災・爆発(笑)は決して遭遇したくないですねぇ。

ただ、自動付帯なので何もしなくても国内旅行にちょっとした安心感がプラスされるというのは確かですね。

プライオリティ・パスが同伴2名まで含めて無料

これが楽天ブラックカードの真骨頂です!

プライオリティ・パスとは、世界世界130ヵ国1,000ヵ所以上の空港VIPラウンジを利用できるパスのことです。

プライオリティ・パス会員の中にもグレードがあり、ラウンジ使用の都度に利用料がかかるグレード、無料使用できる年間回数に上限がるグレードなどもあるのですが、無料でラウンジ使い放題が出来る最高グレードであるプレステージ会員に無料でなることができます。

プレステージ通常の年会費は399米ドルですので、1ドル112円換算だとしても44,000円ほどの会費が無料になるわけです。

まぁプライオリティ・パスのプレステージ会員権が無料で付属するカードはプラチナカードなら珍しくはないのですが、同伴2名まで無料というのが最強すぎます。

この同伴2名無料というのは、クレジットカードの頂点に君臨するあのアメックス・センチュリオンカード(年会費37万8,000円)と同じです。

なおスルガVISAインフィニットカード(年会費12万9,600円)は同伴4名まで無料です。

2人以上の同伴が無料になるのは楽天ブラックカードを除けばこの2種だけです。

家族カードにもプライオリティパスが付帯するカードもありますが、15歳未満の子供はクレジットカードをそもそも作れない(→もちろん家族カードも)ので、子連れの旅行でVIPラウンジを使いたいという希望は「同伴者が無料」でしかクリアできないのですね。

うちの子供はまだ小さいですが、いずれ海外旅行にも行く予定ですので、その際には同伴2名のプライオリティ・パスは絶大な効果を発揮すると思います。

とにかくポイントが貯まる

これも他のプラチナ級カードにない特徴と言えます!

楽天ブラックカードで楽天市場(+α)で買い物すると、SPU(スーパーポイントアッププログラム)によってとにかくポイントが貯まりまくるんですよ。狂ったように貯まります。

楽天会員であることで得られる通常の楽天ポイントは商品代金の1%なんですが…

・楽天市場で「楽天カードを用いて買うこと」自体で+2倍
・楽天アプリを使うことで+1倍上乗せ
・さらに楽天ゴールドカード以上のカード(当然楽天ブラックカード含む)で決済することにより+2倍

つまり合計+6倍、6%ポイント還元になります! 凄すぎます。

たとえば還元率6%のクレジットカードなんて無いですからね。ここまでは誰でもできる(ハードルが低い)うえに、特にエントリー等は不要で自動的に楽天側でポイント付与率を上げてくれるので安心です。

さらに、他には

・楽天カードの引き落しを楽天銀行の口座から行うことで+1倍
・楽天証券で月1500円以上のポイント投資で+1
・楽天モバイルの通話SIM利用で+2
・楽天TVNBAまたはパ・リーグSpecial加入か更新で+1
・楽天ブランドアベニューで買い物した月は+1
・楽天ブックスで1注文1,000円以上利用した月は+0.5
・楽天Kobo1注文1,000円以上利用した月は+0.5
・楽天トラベルで対象サービス・対象期間での利用で+1
・楽天ビューティで11,500円利用した月は+1

※5と0のつく日はさらに+2倍 etc….

と、もういいよ!というくらいにポイントアップの条件があります。
まあ、SIMの利用や証券投資はややハードルが上がりますし、楽天トラベルの利用などは毎月できるとは限りませんけどね。
 
その中でも楽天銀行の口座開設と引き落とし設定は簡単な部類ではないでしょうか。1円の損もありませんからね(メインバンクが楽天銀行でない場合、カード引き落としに備えて楽天銀行の口座に振り込む時の手数料はかかるかもしれませんが)。
私などは、引き落とし専用に楽天銀行の口座まで作ってしまいました。
 

まぁさすがに、それぞれの「条件付き上乗せ」には「月あたりのポイント上限」が個別に決まっていますし、かつ原則として翌月末までの期間限定ポイントとして付与されるという制限はあるわけですが(https://event.rakuten.co.jp/campaign/point-up/everyday/point/#table)。

ただ、ポイント上限額から逆算すると上限に達してしまう利用額は数十万円単位になりますから、海外旅行や高額家電を購入するような場合以外はそれほど気にしなくて良いと思います。

期間限定のポイントも、楽天ヘヴィユーザーならうまく使い切れるはずです。

ちなみにですが、以上は楽天ポイントの話であって、楽天カードのクレジットカードとしてのポイントは決済額の1%が別に貯まりますからね。それも考えると非常にオトクなのが分かると思います。

その他色々な特典あり

楽天ブラックカードは実質的にはプラチナカード相当のカードですが、プラチナカードなりのサービスは一通り抑えています。招待日和(特定のレストラン利用時に2名のうち1名分が無料になるサービス)や手荷物手配、コンシェルジュサービスなどですね。

ただ、このあたりは他のカードと被ることが非常に多いですし、それでけで楽天ブラックカードを維持するという理由にはならないと個人的には思いますね。

ただコンシェルジュサービスに関しては(実質的にはMasterCardコンシェルジュですが)VPCC(VISAプラチナコンシェルジュサービス)に劣らない良い対応をしてくれる思います。以下で解説しています。

VPCC(VISAプラチナコンシェルジュセンター)と楽天ブラックカードのコンシェルジュを使ってみました。その比較と感想。
VISAプラチナコンシェルジュとMasterCardコンシェルジュの使用感をまとめてみました。

年会費の元は余裕で取れます

とまあ色々述べてきましたが、最終的にはこのポイントがザクザク貯まるということが決め手になり、解約せずに年会費32,400円を払って維持することにしました。

もともと妻は楽天をけっこう使っていたのですが、楽天ブラックカードを取得してからは消耗品・生活必需品を始め、急ぎでない買い物などは極力楽天市場で購入するようにしました。

するとポイントだけで年会費分の元はあっと言う間に取れるのですね。

実質的に年会費タダ海外旅行保険・国内旅行保険の自動付帯と家族特約、そしてプライオリティ・パス+同伴2名が付いてくると考えることができますので、トータルではだいぶオトクと判断しました。

ちなみに初年度年会費無料が終了する直前、引き止めで年会費無料期間の延長があるかなあ?と「退会しようかなぁ…」とデスクにチラっと妻が電話してみましたが、ダメでした(笑)

欠点としては

以上述べたように楽天市場ユーザーならもはや最強と言って良い楽天ブラックカードですが、もちろん欠点はあります。

マイル還元率が高くない

楽天スーパーポイントはANAマイルに交換することはできるのですが、交換率は良くないです。

楽天スーパーポイント2ポイント → ANAマイル1マイル

の交換率なので、実質的にはポイントが半分に目減りしてしまいます。

しかも、期間限定ポイントは交換不可、かつ月20,000マイルまでの交換が上限という制限もあります。

つまりマイル還元率で言えばおおむね0.5%であると考えて良いでしょう。これは決して低いものではありませんが、マイルだけに着目すれば航空会社との提携カードの方が圧倒的に貯まりやすく、かつ交換率も良くなっています。つまりマイルを積極的に貯めたい人は別に選ぶべきカードがある、ということです。

楽天経済圏に取り込まれる

これはまぁ欠点とは言えないかもしれませんが、楽天スーパーポイントを貯め始めるととくかく楽天で買えるものは全て楽天で、となりがちです。

まさに楽天の思うツボになるわけで、別にそれで明確なデメリットがあるわけではありませんが、楽天の都合に振り回されたりとか、Amazonや他店で買わざるを得ない時にちょっと損した気分になったりします。

まぁ、Amazonを使うときはAmazonMastercardゴールドを使うなどして、なるだけ損を少なくして自分を納得させるようにしています。`
以下の記事も御参照下さい。

Amazon Mastercardは持つべきか?プライム会員ならゴールドを持つほうが絶対的に得です。
Amazon Mastercardは、プライム会員でヘヴィユーザーなら絶対的にゴールドがオトクです。その理由を解説します。
Amazonプライム年会費が値上げ!でも年会費を安くする方法あり!Amazon MasterCardゴールドを取得することで合計でも4,900円より安くカードとプライムが使えます!
Amazonプライム年会費が値上げされますが、このことによりAmazon MasterCardゴールドを利用することでプライム年会費を安くすることができるようになりました。詳しく解説します。

ちょっと恥ずかしい 笑

…身も蓋もありませんが、やはりちょっと恥ずかしいかも(笑)ということでしょう。

多角経営している東証一部上場の大企業に対して今更何を言ってるのか?って感じではありますが、良い意味でもそうでなくても、楽天という響きに高級感を感じる人は少ないでしょう。

ただ、最新の楽天ブラックカードは券面デザインが以前のものとは変更になっており、「楽天」表記が「Rakuten」表記になっています!

実は私、カードを紛失しまして…

再発行してもらったのですが、9月に再発行されたカードは妻のものとはデザインが異なっていることに気付きました。

だいぶスタイリッシュになったように思いますし、海外で使う時などは欧米文化圏の人から見ればどうしてもデカデカとした漢字表記は怪しさを感じると思うんですね。そういう意味での気後れは無くなったかなとは思います。

まとめ

以上に述べたように、楽天ブラックカードは楽天市場のヘヴィユーザーなら年会費のもとは余裕で取れるほどザクザクポイントが貯まります。

つまり、タダで極上の付帯サービスがついてくると考えて私はメインとして使うことに決めました。

会費を払っても維持する意味は十分にあると思います!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました